二重投稿について

日本呼吸器外科学会
編集委員会

 近年、同じ内容の論文を2種類の雑誌に投稿することが問題となっています.二重投稿(duplicate publication)は著作権を侵害する非倫理的行為として、ジャーナルによっては罰則規定を設けているものもあります.二重投稿の定義に関しては学会誌により多少異なっていますが、日本呼吸器外科学会としてはInternational Committee of Medical Journal Editors (ICMJE)1)が提唱する基準を参考にし、査読の時点で違反が認められた場合、本誌に採用いたしません.また、既に掲載された論文が二重投稿であることが判明した場合は、その旨の警告を本誌およびホームページに掲載し公開します.

すなわち、本誌に投稿された論文が、

1.
すでに同一言語で他誌に発表されたか、あるいは他誌に投稿中の論文と内容が同じとみなされた場合、
2.
本誌に投稿された論文の図表等の一部が既に他誌に発表されているにもかかわらず、既報の論文を引用していない場合、
3.
言語を問わず、既報の論文を故意に引用していない場合、は二重投稿とみなされる.

ただし、以下の場合は二重投稿とみなされない.

1.
政府が命じた調査や、国民の健康衛生上早急に公表されねばならない情報で、公的機関や他の学協会から掲載を依頼され、編集委員会(委員長)が認めたもの.
2.
学会発表の抄録あるいはポスターとして発表されたもの.(本文中にその旨を記入して下さい.例:本論文の要旨は第○回○○学会にて発表した.)
3.
極めて限られた読者を対象とした刊行物(例えば院内ニュースレターなど)に掲載された論文
4.
ICMJE1)が是認している、いわゆる二次出版(secondary publication)にあたるもの.

著者は論文投稿に際し、論文の一部が他誌に掲載予定あるいは掲載されている場合は、そのコピーを投稿論文とともに提出し、査読を受けて下さい.
査読委員は査読に際して二重投稿と考えられる論文を発見した場合、速やかに編集委員会(委員長)に報告して下さい.
本学会員は本誌への投稿のみならず、他誌に投稿される場合も、二重投稿にならないよう留意して下さい.

参考文献

1)
International Committee of Medical Journal Editors. Uniform Requirements for Manuscripts Submitted to Biomedical Journals: Overlapping Publications.
http://www.icmje.org/recommendations/browse/publishing-and-editorial-issues/overlapping-publications.html
Accessed July 16, 2010.

更新 2013年11月8日